長野県大町市で43歳次女が自宅放火-父親が行方不明に

長野県大町市で43歳次女が自宅放火-父親が行方不明に

3日午前2時半ごろに長野県大町市で住宅が全焼して1人が死亡した火事が起きました。

警察は火事の原因は放火とみて調べたところ、この家に住む43歳の次女が放火の疑いで逮捕したと発表しました。

事件の詳細

現住建造物等放火の疑いで逮捕されたのは大町市の坂井利子容疑者(43歳 無職)。

坂井容疑者は3日午前2時半ごろ、自宅に放火して木造一部2階建ての自宅を全焼させた容疑がかけられています。

焼け跡からは1人の遺体を発見。火災の後から行方不明になっている坂井容疑者の父親である正一郎さん(78歳)とみて警察が身元の確認を急いでいます。

坂井容疑者は両親と姉妹の5人暮らしで、遺体で見つかった正一郎さん以外の家族はは無事に逃げています。

坂井容疑者がなぜ放火に至ったのか事件の経緯を警察は詳しく捜査する方針です。

ネットの声

最近放火おおくなね?
殺したくて放火したのか
殺した後に証拠隠滅で放火したのか
40前半の犯罪が多いなあ・・・やっぱ人生積むタイミングなのかね
高齢無職独身多すぎだろ・・・
せめてパートでもいいから働けばいいのに
このくらいの年齢の女って闇を抱えてる奴多いな。結婚しててもイラついてたり。なんなんだろ。
長野県大町市で43歳次女が自宅放火-父親が行方不明に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)