勝又拓哉被告「看守に圧迫され、調書にサインした」今市事件裁判

勝又拓哉被告「看守に圧迫され、調書にサインした」今市事件裁判

3日、栃木県の旧今市市(現日光市)で起こった吉田有希ちゃん(当時7歳)殺害事件で、殺人の罪に問われた男の裁判員裁判。

今回初めての被告人質問が行われ、勝又拓哉被告(33歳)は母に宛てた事件を謝罪する内容の手紙について「看守に書き直しさせられた」と涙しながら主張しました。

詳細

宇都宮地裁(松原里美裁判長)で開かれた裁判員裁判第4回公判。
「人を殺したことあるでしょ」と何度も聞かれてパニックになり、供述調書にサインした」と主張。

弁護人の質問に勝又被告は「気が付いたら、後ろの看守が肩を揺さぶり、調書にサインしろと言い、訳も分からずにサインした」と看守の圧迫があったことを涙を流しながら話しました。

吉田有希ちゃんとの関係性についても「話したこともなく全く知らない」としている。

また「殺人を母親に謝罪する内容」と検察側が主張する勾留中に書いた手紙については「看守に言われるがまま書いた」と主張。
看守に言われて書き直すうちに「意味の通らない文章になった」と説明しました。

検察側は手紙を書き直させた看守は誰かと問いただし、被告は「班長と呼ばれていた人。名前は分からない」とし、「まさか(手紙が)裁判で使われるとは思わなかった」と話しています。

閉廷後、担当検察官は「看守が手紙を書き直させたというのは聞いたことがない」として宇都宮地検の金子達也次席検事は「(看守を)証人として出廷させることを検討中」と述べました。

これまで勝又被告の主張は二転三転しており、今回の主張で実際に看守の圧迫により、事実とは異なる供述をさせられたかどうかが争点となっている。

4日の裁判では検察側からいったん殺害を認めた理由を問われ、「警察から自白すれば刑が軽くなると言われた」と述べ、自白が自分の意思ではないことを強調しました。

ネットの声

ゴゴスマでゆきちゃん殺害について、勝又被告が取調べのあと、すぐに殺害を否認したのに、時間を空けて否認したと説明していた。
これは間違いですよね。
推定無罪といいながら、勝又被告が殺害をしたと印象付けるような話の進め方があった。これは問題じゃないかな。
弁護団が付いたら否認に転じた?弁護団がそそのかしたなんてことは無いでしょうね。
車で現場付近にいた理由
パソコンの画像の理由
納得出来る理由は、言ってない
からないけど、警察も検察も信用できないこの世の中。
裁判までに時間がかかりすぎ。
加害者の意識もうすれて当たり前。
これは物証が無ければ無罪だな。
もし本当に無罪になったら、遺族の方はやりきれないと思う。せっかくゆきちゃんの墓前に犯人逮捕の報告ができたのに、また振り出しに戻されたのかと思うとたまらない。
取り調べの透明化が必要。録画した取り調べ風景を裁判に提出すればいいのに。警察が自白を強要したのか、それとも被疑者が嘘つきなのか、判断材料になる
勝又拓哉被告「看守に圧迫され、調書にサインした」今市事件裁判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)