広島県尾道市-風俗店店長が女性遺棄「数百万円の借金で…」金銭トラブルが原因か


1月上旬の上旬に広島県尾道市の山中に知り合いの女性の遺体を遺棄したとして
風俗店店長の広保雄一容疑者(37歳)が逮捕され­た事件。

広保容疑者は被害者女性から借金をしていたと話していることが分かりました。

詳細

1月上旬、尾道市の雑木林に大橋愛姫さん(39歳)の遺体を遺棄した疑いで逮捕されています。

調べに対して広保容疑者は容疑を認める供述をしていて、自分の車で被害女性の遺体を運んだという趣旨の話をしているという事です。

捜査関係者によると、広保容疑者は大橋さんから数百万円の借金をしていたと話しているそうです。
また、殺害をほのめかす供述をし始めている事から、金銭トラブルが事件の発端になった可能性もあるとして警察が調べを進めています

ネットの反応

福山と呉は広島の中でも別格
未解決事件も他の市より多い
雑木林に女性の遺体を遺棄した疑いがもたれている。男は女性に数百万円の借金があり、殺害についても認めているという。
風俗店の店長なら数百万の借金なんて返せるだろ…
数百万の借金を殺害でチャラにしたとしても人生詰んだらいみないじゃん
逮捕されて懲役くらうより借金のほうがまだましと考えられんのかね…
お金が絡むと怖いねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)