中家貴規さんはねて逃走したとして江崎浩二を逮捕 松戸市稔台死亡ひき逃げ事故

中家貴規さんはねて逃走したとして江崎浩二を逮捕 松戸市稔台死亡ひき逃げ事故

18日千葉県松戸市稔台の市道で、東京都中野区の会社員・中家貴規さんを車ではねて死亡させ逃走したとして、松戸市日暮の自称会社役員の江崎浩二容疑者(50)をひき逃げなどの容疑で逮捕した

江崎浩二容疑者は容疑を否認している。

事件の詳細

7日05時前、松戸市稔台の市道で、東京都中野区の会社員・中家貴規さん(32)が車にはねられ死亡した。

中家貴規さんをはねた車はそのまま逃走、千葉県警がひき逃げ事件として捜査していた。

県警が現場周辺の防犯カメラに映っていた車の解析を進めた結果、江崎浩二容疑者の関与が浮上。

江崎浩二容疑者の車の下の部分に血痕のようなものが着いていた。

県警の調べに対し、江崎浩二容疑者は「通勤のためにその場所を通ったのは間違いないが、人をひくような事故を起こしたおぼえはない」と容疑を否認。

17日、千葉県松戸市の市道で、東京の32歳の男性を車ではねて死亡させそのまま逃げたとして、市内の50歳の男がひき逃げなどの疑いで警察に逮捕されました。
調べに対し、男は容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、松戸市日暮の自称会社役員、江崎浩二容疑者(50)です。

警察によりますと、江崎容疑者は、17日午前5時前、松戸市稔台の市道で、東京・中野区の会社員、中家貴規さん(32)を車ではねて死亡させ、そのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれています。

警察が、現場周辺の防犯カメラに映っていた車の捜査を進めた結果、江崎容疑者が浮かび、車の下の部分に血痕のようなものが着いていたことなどから事件に関わった疑いが強まったとして、18日午前0時すぎ、逮捕しました。
調べに対し江崎容疑者は、「通勤のためにその場所を通ったのは間違いないが、人をひくような事故を起こしたおぼえはない」と供述し、容疑を否認しているということです。
警察は当時の状況をさらに詳しく調べることにしています。

中家貴規さんはねて逃走したとして江崎浩二を逮捕 松戸市稔台死亡ひき逃げ事故

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)