北海道函館市で父親が息子殺害か-「2人で死のうと…」


1日に北海道函館市のアパートで男性が首にコードを巻き付けられた状態で死亡しているのが発見されました。

この事件で72歳の父親が殺害に関与しているとみて逮捕したと警察が発表しました。  

事件の詳細

逮捕されたのは函館市中島町の福井英昭容疑者(無職)。
福井容疑者は3月1日午後、同じアパートの別の部屋に住む息子の智浩さん(41)の首を電気コードで絞めて殺した疑いがかけられています。

調べに対して福井容疑者は

「息子の病気を苦にして2人で死のうと話していた」

と容疑を認める供述をしています。

その供述を裏付けるように福井容疑者の腕には数カ所に付けられた切り傷があるそうです。

「死のうと思ったが、死にきれなかった」とも供述しており、殺害に至る経緯の捜査を進める方針。

殺害に至った次の日の2日午前中に親族の女性に2人で心中することをほのめかす手紙が届いたという事です。

ネットの声

事故物件にされた大家に同情するわ
と思ったけどどうせ小汚ない文化だろうからこれを機に建て替えるか売れよ
人間って闇の生物だよね
障害者の子を持つと自分が年取るとどうしようもなくなる
気持ちはわかるわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)