杉並区で強盗事件-刃物突き付け「金出せ」女性からキャッシュカード奪った容疑で渡辺重紀容疑者を逮捕

杉並区で強盗事件-刃物突き付け「金出せ」女性からキャッシュカード奪った容疑で渡辺重紀容疑者を逮捕

東京・杉並区のマンションで、20代の女性にカッターナイフのようなものを突き付けてキャッシュカードを奪ったとして、近くに住む37歳の男が逮捕されました。

無職の渡辺重紀容疑者は14日未明、杉並区のマンションの廊下で、20代の会社員の女性に後ろから近付き、カッターナイフのようなもので「金を出せ」と脅してキャッシュカード1枚を奪って逃げた疑いが持たれています。

渡辺容疑者は、帰宅した女性が玄関のドアを開けた際に無理やり室内に押し込み、現金を要求しました。

しかし、財布に現金が入っていなかったため、キャッシュカードだけを奪って逃走したということです。

女性にけがはありませんでした。周辺の防犯カメラの映像を解析したところ、近くに住む渡辺容疑者の関与が浮上したということです。取り調べに対し、「金が欲しかった」と容疑を認めています。

事件の詳細

強盗などの疑いで逮捕されたのは無職の渡辺重紀容疑者。

14日未明、杉並区のマンションの廊下で、20代の会社員の女性に後ろから近付き、カッターナイフのようなもので「金を出せ」と脅してキャッシュカード1枚を奪って逃げた疑い。

渡辺容疑者は、帰宅した女性が玄関のドアを開けた際に無理やり室内に押し込み、現金を要求。

財布に現金が入っていなかったため、キャッシュカードだけを奪って逃走。

周辺の防犯カメラの映像を解析したところ、近くに住む渡辺容疑者の関与が浮上。

杉並区で強盗事件-刃物突き付け「金出せ」女性からキャッシュカード奪った容疑で渡辺重紀容疑者を逮捕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)