佐川急便運転手が駐禁身代わりで知人出頭させる

sagawa_express_headquarters

宅配大手「佐川急便」(本社京都市)の運転手が駐車違反の身代わりで知人を出頭させた疑いがあるとして、警視庁は16日、道交法違反と犯人隠避教唆などの疑いで、同社東京営業所(東京都江東区東雲)を家宅捜索した。

捜査関係者によると、運転手は5月ごろ、同営業所のトラックで駐車違反をしたが、知人を身代わりとして警察署に出頭させた疑いが持たれている。知人は普通運転免許しか取得していないのに、トラックの駐車違反で反則切符を切られていたという。

複数の運転手が関与している可能性もあるとみられ、同庁交通捜査課は運転手らから事情を聴いている。

宅配便大手「佐川急便」の社員で東京営業所(東京・江東)に所属する運転手が勤務中に駐車違反した際、身代わりで別人を出頭させた疑いが強まったとして、警視庁交通捜査課は16日、道交法違反や犯人隠避教唆などの疑いで同営業所を家宅捜索した。複数の社員が身代わり出頭をさせた疑いがあり、同課は押収した資料を分析して社員らの事情聴取も進め、不正の実態解明を急ぐ。

事件の要点

運転手は5月頃、東京営業所のトラックで駐車違反をしたが、知人を身代わりとして警察署に出頭させた疑いがある。

知人は普通運転免許しか取得していないのに、トラックの駐車違反で反則切符を切られていた。

複数の社員が身代わり出頭をさせた疑いがある。

複数の運転手らから事情を聴いており、、不正の実態解明を急ぐ。

ツイッターでの反応

sagawa_express_headquarters

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)