東京湾アクアラインで衝突事故-高速バス運転手が意識失ったのが原因

東京湾アクアラインで衝突事故-高速バス運転手が意識失ったのが原因

千葉県木更津市の東京湾アクアラインで、13 日、高速バスの運転手が脳出血を起こして意識が朦朧となり、中央分離帯やほかの車と衝突する事故を起こしていたことが明らかとなりました。

乗客が咄嗟にブレーキをかけ、バスを停止させた為、乗客およそ30人にけがはありませんでした

13日18時20分頃、木更津市の東京湾アクアラインの下り線で、羽田空港から木更津駅に向かっていた高速バスが、中央分離帯やほかの車に衝突する事故が発生。
千葉県警やバスを運行する小湊鐵道によると、バスの運転手の64歳の男性が意識が朦朧となっていたために、最前列の座席にいた乗客の男性がブレーキをかけてバスを停止させた。
運転手の男性は脳出血を起こしていたということで、その後、病院で治療を受けた。
バスを運行していた小湊鐵道は「運転手の健康管理を徹底し、再発防止につとめたい」と話している。

NHKニュース

13日、千葉県木更津市の東京湾アクアラインで、高速バスの運転手が脳出血を起こして意識がもうろうとなり、中央分離帯やほかの車と衝突していたことがわかりました。

乗客がブレーキをかけてバスを停止させ、乗客およそ30人にけがはありませんでした。
13日午後6時20分ごろ、千葉県木更津市の東京湾アクアラインの下り線で、羽田空港から木更津駅に向かっていた高速バスが、中央分離帯やほかの車にぶつかる事故を起こしました。

警察やバスを運行する小湊鐵道によりますと、バスの運転手の64歳の男性が意識がもうろうとなっていたために、最前列の座席にいた乗客の男性がブレーキをかけてバスを停止させたということです。
運転手の男性は脳出血を起こしていたということで、その後、病院で治療を受けたということです。
乗客およそ30人にけがはありませんでした。

会社側によりますと、運転手の男性は、当日は午後3時すぎに出勤し、運行管理を行っている上司には体調不良はないと報告していたということです。
バスを運行していた小湊鐵道は「運転手の健康管理を徹底し、再発防止につとめたい」と話しています。

ツイッターでの反応

東京湾アクアラインで衝突事故-高速バス運転手が意識失ったのが原因

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)