福岡県志免町の飲食店で拳銃発砲・男性客一人が頭部をけが


13日20時ごろに福岡県志免町志免の飲食店で男性が頭部を撃たれる事件が起きました。

男性は67歳の男性で搬送先の病院で治療を受け、命に別状はないという事です。

事件の詳細

事件が起きたのは13日20時頃。
現場となったのは福岡県志免町志免にある飲食店で、宇美町に住む67歳の男性の男性が拳銃で撃たれ頭部を負傷したということです。

飲食店にいた客からの「拳銃のようなもので客が撃たれた」という通報で事件が発覚。

その後拳銃を打った男はそのまま逃走。

県警は約1時間半後に現場から東に2キロ離れたと須恵町で、逃走中の男がタクシーから降りたところを職務質問。
高齢の男性という事が目撃情報と一致していたので調べたところ、拳銃を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されました。

事件の発端となった原因は店内で被害者とこの男が飲んでいたところ、口論になり被害者男性に向けて一発拳銃を打ったという事。

店内には他に客がいたが負傷者は被害者男性以外にいないという。

今後、この男が事件に関与しているとみて経緯などを詳しく調べていく方針です。

ネットの声

おいおい口論になったくらいで発砲って怖すぎるだろ。
なんで拳銃もってるんだ?もしかして暴力団系の人?
拳銃持ってた男は高齢らしいな。
どっかの組の者なんだろうか?
それにしても飲んでて口論になったくらいで発砲されるとかやばいよ。
ここは日本だぜ?
拳銃の入手ルートもちゃんと調べてほしいですね。
かたぎの人間じゃないだろうな。プロの犯行。
頭撃たれて命に別状ないのはよかった。
普通頭撃たれたらただごとではないでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)