加古川市で6歳の男の子が観光バスに跳ねられ死亡


12日16時半過ぎに兵庫県加古川市の交差点で歳の男の子が観光バスにはねられて死亡する事故が起こりました。

この男の子が交差点の横断歩道を歩いていた所、走ってきた観光バスに跳ねられたと言うことです。

事件の詳細

事件が起きたのは兵庫県加古川市の交差点の横断歩道。
被害にあったのは6歳の浅田凌空君で、この横断歩道をわたっていた所バスにはねられました。

男の子は頭を地面に強く打つなどして搬送先の病院で死亡が確認されています。
この男の子は4月から小学1年生になり学校に通う予定でした。

目撃者によりますと観光バスは青信号を通過していたとの事。
事件当時観光バスに乗客は乗っていませんでした。

警察は観光バスの運転手や、目撃者に事故の詳しい経緯や状況を聞いて捜査を進める方針です。

ネットの声

男の子が信号無視して横断しようとしたのかな?
まだまだ未来のある子ども…ご冥福をお祈りします。
運転手に落ち度がなかったとしたらたまったもんじゃないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)