福岡市予備校生殺害事件・入院していた19歳少年を殺人容疑で逮捕


先月の2月27日の夜に福岡市西区姪の浜の路上で起こった予備校生・北川ひかるさん(19歳)が殺害された事件。

福岡県警は11日に同じ予備校に通う19歳の少年を逮捕したと発表しました。

事件の詳細

事件が起きたのは2016年2月27日の夜。
近くの予備校に通う北川ひかるさん(19歳)が帰宅途中に同じ予備校に通う19歳の少年に馬乗りになって全身20カ所以上をナイフや斧などでめった刺しにされた。

この少年はその場から逃走したが、近くの近くの交番に出頭。
両手にけがをしておりそのまま入院していた。

少年のけがの治療・回復を待っていたが、11日に容態が回復したとして逮捕に至った。

殺人の容疑に関して19歳の容疑者は「北川さんを刺した」と認める供述をしている。

警察はこれから同期や事件の経緯などについて詳しく調べを進める方針です。

ネットの声

まだ捕まってなかったのか。
これからちゃんとなぜ事件を起こしたのか、殺さなきゃいけなかったのかを自白してほしい。
北川さんに好意をよせていてふられたから殺したって報道もある。
女にフラれたくらいでナイフで刺すとかそんなやつに彼女なんか一生できるはずがないわ。
こうも簡単に人を殺せてしまう神経がわからない。
受験していた大学に受かっていたそう。生きていけたら色々な可能性が広がる人生をおくれたのにすごく悔しい。
勉強ばっかりさせてるとこういう人間を生み出してしまうんだろうか。
そこまでいい大学にいかなくていいから人間としてちゃんと成長してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)