モデルガンを殺傷能力ある拳銃に改造した疑いで天羽純二容疑者を逮捕


徳島県の自宅で天羽純二容疑者(62歳)の男がモデルガンを改造し、殺傷能力のある拳銃を自作したとして逮捕された事がわかりました。

調べに対し容疑を認めているという事です。

事件の詳細

殺傷能力があるモデルガンを作ったとして捕まった天羽純二容疑者。
去年10月に徳島県にある自宅で、自らのモデルガンを改造して拳銃を作り所持していた疑いが持たれています。

警察によると4年前に趣味で持っていたモデルガンの銃身部分が壊れたため真鍮(しんちゅう)製のパイプやはんだを使用して、拳銃に改造したという事です。

警視庁がこの改造された拳銃を調べたところ、殺傷能力があると判断した。
調べに対し天羽容疑者は「興味本位で作った。違法だと分かっていた」と全面的に容疑を認めている。

銃刀法違反の容疑で今後も取り調べを進めていく方針だ。

ネットの声

殺傷能力があるってどの程度の威力のモデルガンなんだろ?
実弾が打てるように改造したとか?
それにしてもこの歳でそんな技術があるならもっと別の事にその能力を使えたらよかったね。
人を打とうとしたとかではないからそんなに重い罪にはならないんだろう。
この男性がどこでその技術を身につけたのかが気になるw
普通人殺せるほどのものに改造できなくね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)