西宮市今津巽町-夫の酒にメタノール混ぜ殺人未遂で大川房子容疑者を逮捕


9日夫が飲む酒に毒性のあるメタノールが含まれた液体を混入して殺害しようとしたとして兵庫県西宮市今津巽町の無職・大川房子容疑者(48)を逮捕しました。

夫はこの事件でメタノール中毒となり現在も意識不明の重体との事です。

事件の詳細

事件が起きたのは今年の3月初旬。
現場となった今津巽町の自宅で大川房子容疑者が夫の飲む酒にメタノールを含んだ液体を混入した疑い。

兵庫県警捜査1課などは容疑を固め、9日に殺人未遂容疑で大川房子容疑者を逮捕。
調べに対して房子容疑者は「燃料用アルコールを入れたが、殺害しようとは思っていなかった」と容疑を一部で否認している模様。

夫は今月6日夕方に「体の調子が悪い」という事で神戸市内の病院で診察を受けている。
その際に容体が急変し別の病院に緊急転院。

転送先の病院が「メタノール中毒の可能性がある患者がいる」と兵庫県警に届け出た事で事件が発覚した。

ネットの声

毒物を混入させる犯人って容疑を否認する奴が多い気がするのは気のせいかな?
ロシア人でもないのに無茶しやがる
殺そうとは思っていなかったっていうけどじゃあ何のためにメタノールなんて入れたんだ?
殺そうとは思わなかったって…自分で飲んでみろと言いたい
メタノールだと飲んでて気がつかないものなのかな。怖いわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)