北朝鮮が日本海に向けミサイル2発を発射


10日早朝に北朝鮮が日本に向けて短距離弾道ミサイルを2発発射した事がわかりました。

サイルは約500キロ飛んだ模様で、元山(ウォンサン)北東方向の日本海上に落ちたとされています。

事件の詳細

韓国国防省によると短距離弾道ミサイルが発射されたのは午前5時20分ごろ。
北朝鮮南部の黄海(ファンヘ)北道から2発のミサイルが発射されたということ。

ミサイルは約500キロ飛んだとされ、元山(ウォンサン)から北東方向の日本海上に落ちた模様です。

7日から韓国では過去最大規模の韓国軍とアメリカ軍との合同軍事演習が実施されています。
今回のミサイル発射はこれに強く反発した動きだとの見方が強まっているそう。

日本政府は午前、NSC(国家安全保障会議)を開いて対応を協議を開始。
それに合わせ「航空機や船舶の安全確保の観点からも極めて問題のある行為だ」との講義を、北京の外交ルートを通じて北朝鮮に通達した模様です。

ネットの声

どうせなら
韓国に向けて撃てよ
いつも春になるとうるさくなる。
田植えの時期になると大人しくなる。
わざわざニュースにしないでいいよ
定例の花火みたいなもんだから
かまってちゃんミサイル
もう最近は花火に誰も騒がなくなったね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)