京都市内の15歳少年ら3人が大麻所持で現行犯逮捕


京都市内に通う中学3年生を含む少年3人が大麻を所持に疑いで現行犯逮捕されました。

警察によると少年らの間で大麻が売買されていたという可能性があり、詳しく調べる方針です。

事件の詳細

逮捕されたのは京都市内の公立中学に通う15歳の少年と府立高校3年の男子生徒(18歳)ら3人。

少年らは今年2月、車の中に乾燥大麻約0.7グラムを所持していたところを現行犯で逮捕されています。
警察の調べに対し「吸うために持っていた」と供述しているという事です。

また逮捕された少年の1人がこのうちに男子生徒から「大麻を買った」と供述している模様。
京都府警は入手ルートなど詳しく調べるということ。

所持していた少年らの間で大麻が売買されていた可能性があるとみて調べを続ける方針です。

警察伏見区内のコンビニエンスストアの駐車場で、乾燥大麻を所持していたとしている。
パトロール中の府警自動車警ら隊の警察官らがコンビニの駐車場で車内にいた少年3人を職務質問したところ、タバコの箱の中から乾燥大麻が入ったチャック付きポリ袋数袋を発見。3人を現行犯逮捕したという。

 少年のうち1人が一緒にいた中3の男子生徒から買ったと供述。府警は3月上旬、中3の男子生徒の自宅など関係先を家宅捜索し、押収した携帯電話などの解析を進めるなどして、入手ルートなどの実態の解明を急いでいる。

ネットの声

中学生が売人って…終わっとる。
こんな事件も少年法で保護されるのか?
ダメだこりゃ!
大人から子供まで日本の薬物汚染はかなり深刻なのでは?日本はもうだめかもしれない…
危険ドラッグから大麻に回帰とか
聞いていたが、中学生まで汚染と
か最悪。
自分で自分のケツを拭えない子供のくせに調子に乗りすぎなんだよ。
どんな教育したらこんなクソガキになるんだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)