イラクの検問所で自爆テロ-60人が死亡「イスラム国」が犯行声明


6日バグダッドの南90キロにあるヒッラ近くの幹線道路にある検問所で爆発が起きました。
この爆発で約60人が死亡したことが確認されています。

現地メディアによるとこの爆発に対してイスラム国が声明を出しており自爆テロであるということです。

事件の詳細

事件が起きたのはイラクの首都バグダッド近郊の検問所。
爆弾を積んだトラックが検問所に突っ込み、そのまま爆発を起こしたことが確認されています。

事件当時の検問所には順番待ちの車の列が多くできていたということで、少なく見ても役も60人が死亡、70人以上がけがをしていることがわかっています。

この事件の後に過激派組織「イスラム国」を支持するウェブサイトに検問所でのトラック爆弾による殉教作戦で多くの死傷者が出た」という旨の犯行声明が出ています。

現場となった検問所はバビロンの古代遺跡に近くでイスラム教シーア派の住民が多く住む地域だということです。

なお、この事件での邦人の被害は今の所ないとの見方です。

ネットの声

一般市民を巻き込むなよ!
なんの罪もない一般の人が多くなくなってしまう事にやるせなさを感じる。
いつまでイスラム国のこういった卑劣な行為は続くのだろう。
武力に武力で対抗してもまた死者が増えるだけだけどだからといって何かいい解決策もないよね。
日本でもテロはいつおこってもおかしくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)