宮城県村田町の住宅で火事-高齢の親子3人の遺体がみつかる


6日夜に宮城県村田町にある木造2階建ての住宅が全焼する火事が起きました。

この火災で焼け跡から3人の遺体が見つかっており、亡くなったのはこの住宅に住む高齢の母親と2人の息子とみて調べを進めています。

事件の詳細

火災が起こったのは6日午後6時50分ごろ。

現場となったのは宮城県村田町村田の住宅と田んぼが点在する住宅で、この住宅から火が出ていると近隣の住人からの通報がありました。
180平方メートルの住宅が全焼する他、隣のアパートと住宅2棟の一部が焼けるなど被害は広範囲に及びました。

火は約3時間後に消し止められましたが、焼け跡からは大沼ひなさん(95歳)とその息子の義昭さん(72歳)と義春さん(65歳)3人と遺体が見つかっています。

火災直後から3人と連絡が取れないことから警察が身元の確認を急ぐとともに、7日午前から消防と合同で現場検証をして火事の詳しい原因を調べる方針です。

ネットの声

高齢者の住む家の火事多すぎでしょ。
息子といっても年齢結構いってるり逃げきれなかったのかな?
母親を助けようとして逃げきれなかった可能性もある。
この時期は火事が起きやすくなってるし火元には注意しないと
他の家にも燃え移っているそうだけど他にけが人などはいなかったのかねぇ
火事で死ぬのだけは嫌だよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)