市原市武士で平屋が3時間燃え続け全焼-焼け跡から80代の女性の遺体


6日午前5時半ごろ千葉県市原市武士の住宅が全焼する火事が起きました。

焼け跡から1人の遺体が見つかっており、この家に住んでいた85歳の女性の遺体とみて警察が調べを進める方針です。

事件の詳細

火災が起こったのは6日午前5時半ごろ。
場所は千葉県市原市で住宅1棟が全焼した模様です。焼け跡からは60代の女性とみられる遺体が一人見つかっています。

市原市武士の住宅から火が出ていると近くに住む人が消防に通報。
消防車7台が消化にあたり火はおよそ3時間半後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅1棟が全焼。

この家には80代の母親と50代の娘の2人が暮らしていたということです。
娘は煙を吸うなどして病院に運ばれ、母親とは以前連絡が取れない状況が続いています。

警察の調べでは亡くなったのはこの連絡の取れない母親とみて確認を急いでいます。

火災現場となった住宅は小湊鉄道の上総三又駅から東におよそ2キロのところにあり、付近には住宅が多く点在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)