岐阜県各務原市で急行列車と乗用車が衝突する事故-2人死亡


6日午前5時50分ごろ名古屋鉄道各務原線の踏切で名鉄岐阜発新可児行きの急行列車と乗用車が衝突する事故が発生しました。

岐阜県警によると車に乗っていた男性二人の志望が確認されているという事です。

事件の詳細

事件が起こったのは6日午前5時50分ごろ。
現場は岐阜県各務原市鵜沼各務原町1丁目の名古屋鉄道各務原線の踏切。

名鉄岐阜発新可児行きの急行列車(4両編成)と乗用車が衝突したという事です。
乗用車に乗っていた男性2人の死亡が確認され、列車の乗客13人と乗員2人にけがはなかったとしています。

この事故によって名鉄各務原線は約3時間、三柿野―新鵜沼駅間の上下線で運転を見合わせました。
電車を運転していた男性運転士は「乗用車が踏切内に侵入してきた」と話しているそうで、警察は事故の経緯を詳しく調べる方針です。

近隣に住む主婦(63)は「ダ、ダ、ダーンとかなり大きな音が聞こえた。地震かと思い、びっくりした」と事故の様子を語っています。

ネットの声

名鉄とJRが走ってて交通量も多いところだからもしかしたら遮断機が下りそうなところを強行突破しようとしたのが原因じゃないかなぁ。
さすがに動いている電車と衝突したのなら、車に乗っていた人は即死だろうな。
無理に踏切を渡ろうとしたんだろうか?後悔してもしきれないだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)