千葉県山武市で母親が生後5ヶ月の長女を絞殺「一緒に死のうと…」

千葉県山武市で母親が生後5ヶ月の長女を絞殺「一緒に死のうと…」

4日千葉県警が生後5カ月の娘を殺害したとして東京都板橋区在住の自称無職の小川紀子容疑者(38際)を殺人容疑で逮捕したと発表しました。

逮捕された小川容疑者は容疑を認めていると言うことです。

事件の詳細

千葉県警によりますと小川容疑者は4日に千葉県山武(さんむ)市内にある夫の実家で、長女の凛乃(りの)ちゃんを殺害した疑いがもたれています。
小川容疑者が同日の午後2時45分頃に「一緒に死のうと思って娘の首を絞めた」と自ら110番通報したと言うことです。

凛乃ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認されています。

犯行当時、実家には小川容疑者と凛乃ちゃんの2人がいたということで、容疑者は調べに対し
育児に疲れたというような後述をしているということです。

千葉県警は娘との心中を試みた可能性があるとして調べを進める方針です。

ネットの声

帰宅った早々

山武市で女児殺害報道かよ。

山武市で事件だって。。
最近心中しようとする事件多くね?
殺すくらいなら親になるなよ!覚悟がたりん!
千葉県山武市で母親が生後5ヶ月の長女を絞殺「一緒に死のうと…」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)