佐伯市で乗用車が海に転落し母子3人死亡-無理心中の可能性も


4日夜に大分県佐伯市の漁港で乗用車が海に転落しているのが見つかる事件が起きました。

車内からは大分県臼杵市在住のの木本比奈子さん(45歳)と息子の強之くん(10歳)娘の翔子ちゃん(8歳)が発見された模様です。

3人ともすでに死亡が確認されており警察は転落した原因などを詳しく調べています。

事件の詳細

警察によると事件が起きたのは4日午後8時半頃。

佐伯市浪太漁港で近くに住む住民から「車が海に転落した」と110番通報があったということです。

警察や消防が捜索したところ岸から十数メートル離れた深さ2メートルほどの海中に乗用車が沈んでいるのが見つかったといいます。
車内からは大分県臼杵市の木本比奈子さん(45歳)と息子の強之くん(10歳)娘の翔子ちゃん(8歳)が発見されました。

その後すぐに病院に搬送されましたが、3人とも死亡が確認されたということです。

目撃者によると「漁港の駐車場に止まっていた車が突然発進し海に落ちた」との情報もある事から

警察は無理心中の可能性も含めて身長に事件の経緯を捜査する方針。

ネットの声

母親が臼杵在住、子供は大分在住、死に場所は佐伯

深い事情がありそう

子どもだけは巻き込むなよ、馬鹿女
夜に親子連れで漁港ね…心中かな
心中だとしたら子供がほんとうにかわいそうだよな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)